女性と乳児

見逃せないサイン|子宮筋腫の疑いがある症例

このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な栄養を摂取しよう

妊婦

つわりが影響して、妊婦さんの食事はバランスが取れない場合があります。重く考えるのではなく、サプリを利用して葉酸などの必要な栄養をうまく取り入れるようにしましょう。気持ちの負担が少なく妊娠生活を楽しんでいけるのがサプリを利用するメリットです。

もっと読む

食べること

看護師

妊娠中の食事は、母体だけでなく胎児の健康にも配慮した食事を行わなければいけません。サプリメントの利用で栄養素を補い、食事回数を増やしたりよく噛んで食べすぎを防止し、バランスよく食べましょう。

もっと読む

不正出血が見られる時は

先生

出血と激しい腹痛に注意を

子宮筋腫という病気について、見聞きしたことのある人は多いでしょう。子宮に腫瘍の一種である筋腫ができるもので、この筋腫自体は良性なのですが、あまり多くできると生理の経血が増えたり、不正出血が見られたりするようになり、かなり激しい腹痛を感じるようもなります。こういう一連の出血によって、貧血症状になることも多いので、治療方法としてはやはり手術が一番のお勧めです。手術は、今後子供を作る予定がない場合は、子宮全摘という方法もあります。しかしまだ子供がいないから、子宮を残しておきたいとか、あるいは筋腫が少ない場合には、内視鏡による手術がお勧めです。この内視鏡手術は体に負担がかからず、数日ほどで退院ができるのも大きなメリットです。

早めの受診をお勧めします

それ以外には、注射で子宮筋腫を小さくする方法もあります。しかしこれは1年のうち半分しか治療ができず、一時的には小さくなっても、また元に戻ってしまうことがあります。根本的に治したいのであれば、やはり手術を受けるのが一番です。もし子宮を全摘する場合でも、2週間ほど入院すれば全快します。また不正出血は子宮筋腫のみならず、他の婦人科系疾患にも見られがちな症状です。いずれにしても月経の経血量が多いとか、月経の時期でないのに出血があるということは、どこかが異常なのですから、早めに婦人科を受診するようにしましょう。特に更年期にさしかかって、不正出血があるのに子宮筋腫だと思って放っておいたら、ガンであったという例もあるほどです。

丈夫に育てる

先生

アクティブライフが販売する妊娠中の栄養補助食品がマザマローです。国内で精製されたミネラルたっぷりの牛骨をもとに、ビタミンや葉酸などさまざまな栄養素が含まれています。丈夫な赤ちゃんを産むために必要な栄養素が理想的で効率的に補えるのです。

もっと読む